木島平 ペンション びっくりりえたん   親バカ父ちゃん子育て日記

過去の日記はこちらhttp://rietan.chips.jp/oldhtml/kosodate.htm
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

風邪気味か

つい先ほどから雨が降っています。
夕方から雨の予報でしたが、
ようやく降ってきた感じです。

翼も航も雨が降る前に帰宅できました。
航は昨日から、
少々体調が悪いらしく、
薬を飲んでいます。
熱はないようですが、注意が必要です。
女房も同じようで、
今朝には薬を飲んでいました。

暑くなったり、寒くなったりで、
温度変化に身体がついていけないようです。
勉強や仕事など、
やらなければならないことは
それぞれにありますが、
無理のないよう、
体調管理をしてほしいと思います。

ボクは風邪気味でもありませんが、
もうくたばりたく思います。

今夜は焼酎いれ過ぎで、
まもなく昇天。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

くたびれ顔

学校の宿題で
航も毎日、日記を書いています。

航によると、
日記を記す欄は十数行あるのですが、
全部の行を埋めてくる生徒もいるが、
二行で終わる生徒もいるという話です。
帰宅部ほど短い文章だそうです。

書くネタがないと言いながら、
ようやくシャープペンを動かし始めました。


夕食時、
仕事のおじさん達が先に部屋に上がり、
カナダ人母娘と談笑していると、
あなた方も疲れているでしょうから
もう私達は部屋に行きますと、
お母さんに看破されてしまいました。

ダメですねぇ、こんなことでは。
とは言っても、
やはりくたびれています。
メシにしましょう。
翼と航は先に済ませました。
じゃぁ、焼酎。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

無念

アメリカ人だと思っていた母娘はカナダ人で、

娘は女医さん。

野沢温泉街を歩いている際、
カラオケの話になり、
今夜はボクがギターを弾き、
女医さんが歌うということで話はまとまっていました。

ところが楽譜のついた英語の歌本は、
家には一冊もありません。

お母さんは、
エルビスプレスリーをやれとか、
フランクシナトラをやれとか、
きゃっきゃと喜んでいますが、
ラブミーテンダーくらいしか、
彼らの歌は思いつきません。

ネットで調べて、
洋楽の楽譜が見つけられると、
ノラ・ジョーンズだ、ハートだと言われても、
ボクにはさっぱりわかりません。

一度その曲を聴いてから、
でたらめにギターを弾きましたが、
女医さんはいたって機嫌良く歌ってくれました。

あんたも歌えと言うので、
ビリージョエルやビージーズの楽譜を探しましたが、
みんな難しくて、
結局のところ、
ビージーズのイン・ザ・モーニングをやりました。
映画小さな恋のメロディーのオープニング曲です。
歌もギターも練習が必要です。

歌は歌っていないし、
ギターも弾いていない。

やはりこれではいけません。
しっかり稽古して、
ぎゃふんと言わせてやりましょう。

いやぁ、残念ながら、もう無理です。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思わぬ贈り物

一組の仕事のおじさん達が
仕事の終わりを迎え、
打ち上げとなり、
今日はコース料理のご注文です。

もう一組の仕事のおじさんと、
アメリカからのお客さんの食事用意で、
早朝から一日厨房です。

嬉しかったのは、
仕事が休みのおじさんに紹介した、
長野新潟県境新潟側山中にある
温泉施設の女将さんから、
おじさんがお土産を持って帰って来てくださったことです。

大きな豆が入っている赤飯で、
あまりに嬉しくて、
今日は一日飾っておいて、
明日頂戴するつもりです。

涼子が赤ん坊の時、
初めて連れて出かけた温泉施設で、
こんなに小さいのに、
こんなところまで連れてきていいの?
と女将さんにはやんわり注意されました。

このところ一年に一度程度しか出かけていませんが、
去年は一度も出かけずにいて、
無沙汰をしていたところです。

時間が取れれば行こうと、
女房にはよく話していますが、
今年も秋を迎え、どうなることかと不安になっていましたが、
女将さんからの思わぬ贈り物に感激です。


というわけで、
翼も航も朝から練習に出かけ、
昼過ぎ、雨の中を、
女房がそれぞれを迎えに行っていました。
みんな良く頑張りました。

オレはもう頑張れない。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アジにスダチ

ようやくこの時間になり、
芋焼酎湯割りでまもなくあの世行きです。

お客さんがお出かけになり、
ちび達も登校すると、
さらに仕込みを続け、
9時を回って上越に向かいました。
魚釣りではありません。

買い物を終え、
家に戻り、片づけをし、昼食をとり、
さらに仕込みを続けようとすると
だんだんふらついてきました。

それでも何とか踏ん張って、
この時間を迎えられ、ホッとします。


航がアジの刺身を食べたいと言っていたので、
それを買って帰り、
掃除をして皿に並べると、
航は塩をつまんで皿に置き、
そしてスダチを搾って食べていました。

ボクも真似をして食べてみると、
スダチの香りがとても良く、
美味しく食べられました。

こんな食べ方をどこで習ったのかと聞いてみると、
深夜食堂のマンガでした。

素晴らしい。

たるぽん、後は焼酎が飲める日を待つだけです。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

重なるもの

お客さんが皆さんお出かけになり、
翼も航も出かけてしまい、
そのまま仕込みを続けました。

それがひと段落すると、
音がうるさかったたまねぎの部屋の換気扇を交換し、
恐らく今年最後になるであろう、
庭と畑の刈り払いをしました。

芝生の間から伸びている雑草を抜くべきなのですが、
それを抜いていくにはあまりにも時間がかかりすぎ、
刈り払い機で芝生とともに刈っていきました。
畑ののり面の雑草も刈りました。

ツナギの上にジャンパーを着ていたのですが、
汗がたらたら垂れてきました。

刈り払い機のエンジン音が終わると、
今度は除雪機の音に変わります。
イヤな季節がそこまで来ています。


夕食時、
おじさん達がなだれ込むように帰ってきて、
一気に追われてしまいました。
そこへ土曜日にお越しになるアメリカ人、
1月下旬を問い合わせてきたオーストラリア人のメールが重なり、
てんやわんやでした。

それが終わろうとすると、
予想していなかった雨音が聞こえ、
翼から迎えに来てほしいという連絡があり、
シンクの中は
鍋やタッパーで山積みのまま迎えに行くことになりました。

この時間になり、ほっと一息です。

夕べは寒く、芋焼酎湯割りにしましたが、
今夜は体が熱く、
これまで通り、炭酸割りです。

また明日。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

たるぽん練習

約一ヶ月ぶりに、
航は社会体育の練習で、
夕方から出かけています。

学校から戻って、
少しおやつを食べるとすぐに宿題に取り組み、
5時半には村のグラウンドに送って行きました。
この時間、外はずいぶん寒くなっているはずです。
社体はイヤだと言いながらも、頑張ってます。

今朝は雨で、お客さんの朝食を出し終えると、
そのまま仕込みを続け、
登校の時間になると、翼を高校まで送って行きました。

アメリカから問い合わせのメールが届きましたが、

4月。

まだ秋も終わらず、
これから冬を迎えるというのに、
春先4月半ばの問い合わせです。
受け付けるはずもありません。

この春先に11月の問い合わせがあって、
カナダの人だったか、
もちろんそれも断りました。

半年先の事など、わかるはずもありません。
この世にないかもしれないのに、
予約を受けていたら大変です。

お、いい時間になりました。
そろそろ用意をします。
お、最後のお客さん、チェックインです。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

元気を貰う

仕込みをひと段落させ、
角間温泉に出かけることにしました。

余裕のある日は今日しかないと思い立ち、
女房に用意をしてもらって、
飯山市内のスーパーで買い物を終えた後、
角間を目指しました。

午前中の風呂に客はなく、
いつもと同じように小説を広げました。
朝の風呂は贅沢な気分になれます。

風呂から出ると、
しばらく無沙汰をしていた
ラーメン屋さんに向かいました。

外国人が来ると、
よく連れて出かけるのですが、
このところどうも時間が合わず、
外国人を連れて行けずじまいでした。

扉を開けると、
久しぶりじゃないですか、
忙しかったんですねと、
女将さんは笑顔で迎えてくれました。

どうしてるんかなぁ、忙しいのかなぁと
言ってたんですよと
やさしく声をかけてくださいました。

昼時で次々にお客が見え、
急いで食べ終わると、
みつえさんは元気ですかと
もう一人の女将さんの様子を問うと、
ちょっと寝込んじゃってねぇと少し心配な様子でした。
高齢なので、
ボクだって本当に心配になりますが、
あまり深刻な顔は作らず、
また伺いますと言って、店を後にしました。

その後、またしても無沙汰をしている
珈琲屋さんに向かいました。
数年前まで店で使っている
業務用のバリラの麺をお願いしていたのですが、
このところネットで手に入るようになり、
しばらく店舗に出かけていませんでした。

マスターは七十代後半になろうとするのに、
あまりに健康的で、その軽々とした身のこなしには、
いつも驚かされてしまいます。

どうしてんのかなぁって思ってたんだよ。
たまに店の前を走ってんだよと、
それは車ではなく、自転車で通り過ぎているのです。

驚くべき体力で、
ボクは先の日曜日に航と千曲川沿いを自転車で走った折、
マスターの事を思い出し、
急にマスターの顔が見たくなったと話しました。

おいしい珈琲を頂戴しながら、少し話をして、
ちょっと高級な豆を買い求め、
家に戻ることにしました。

瞳を凝らせば、
素晴らしい店舗は埋もれてはいますが、
ところどころにたくさん見受けられます。

この二十数年の間に、
そんなキラッと光る店がいくつもなくなってしまいました。
今日出かけた店も、
残念なことに後継ぎがいないように思います。
できるだけ長い間、店を続けてもらいたいと
切に願います。

どこへ出かけたとしても、

大資本の味気ない、
同じような店ばかりが
幅を利かせているこの国で、
変わり者のボクの居場所がなくなってしまいます。

同じ顔した味気ない店はもうたくさん。
ラーメン屋のマスターも女将さんも、
珈琲屋のマスターも女将さんも、
ぜひともまだまだ長く営業を続けてほしいと思います。

頑張っている諸先輩方を見て、
ボクも元気が出てきました。
今日もホッピーが旨い。


 

クワガタ採集

人生 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ストーブ準備完了

客室全室と自分たちの部屋に、
暖房器具を用意しました。

食堂のファンヒーターは、
二、三日前から稼働しています。

今夜も食堂のファンヒーターのスイッチは入れましたが、
お客さんはどうされているでしょうか。
自分たちの部屋は必要なさそうです。

自分たちの部屋の暖房は、
石油ストーブですが、
この小さなストーブが一台あると、
部屋の中はあっという間に温まり、
ウソのように冬は快適に過ごせます。

お湯がいつも沸いているし、
トーストも焼けます。
とっても昭和な感じが実にいい。
不必要な過ぎた便利に頼りすぎると、
どんどんカチコクなってきます。

またそのうち、
食堂にある薪ストーブの薪も揃えないといけません。
薪ストーブが一番しっとり暖かくなりますが、
薪の用意が大変です。

薪を山に取りに行く元気はなくなりました。

さ、そろそろメシにしましょう。
翼も航もおなかペコペコです。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

自転車に乗る

航と一緒に自転車で
飯山市内まで出かけることにしました。

左の足腰の痛みはまだ残っているので、
いつ動けなくなるかと不安ではありましたが、
動けなくなれば、女房に迎えに来てもらうことにして、
自転車にまたがりました。

目的は、たるぽんお気に入りの「深夜食堂」のマンガ探しです。
コンビニだけで販売されてるマンガがあるようで、
航はすでに数冊所有しています。

ボクはコンビニを日常的に多用している人を、
あまり信用していませんが、
このところ航のマンガ探しに付き合って、
何度もコンビニに出入りしています。
自分が信用できません。

家から中央橋へ向かい、
まず一軒のセブンに立ち寄りましたが、
在庫なし。

橋を渡って、117号線を野沢方面へ走ります。
今日は天気が良く、
道路を行きかう車も多く、
ちょっと危ない気がしましたが、
そろりそろりとペダルを踏み続けました。

道の駅でトイレに行き、
水筒のお茶を飲んで、
さらに国道を走りました。
二軒目のセブンで
お目当ての深夜食堂のマンガを見つけられました。
ラッキーでした。

車で何軒も回って、
在庫なしが何度もありましたが、
此度は二軒目で見つけられて幸運です。

串にささったから揚げが売られていて、
それも買い求め、
家の方向に向かいました。

大関橋を渡って、
菜の花公園近くまで来ると、
田んぼの横に自転車を投げ出し、
お茶を飲みつつ、持参したチョコパイとから揚げを食べました。

コンビニ内はいろいろ売られていました。
初めてです、こんなものを買うのは。

お茶を飲んで、
あぜ道に寝ころんでみました。
青い空をバックに白い雲がゆっくり流れていきます。
田んぼのほとんどは稲刈りが終わっていて、
ところどころから白い煙が上がっています。
山は色づき始め、
どんどん秋が深まっていきます。

足痛、腰痛は大事になることはなく、
家までの道を急ぐことにしました。

木島平の中町街道にさしかかり、
上り坂になったところで自転車から降り、
家まで自転車を押して歩きました。

最後の上り坂が一番大変でした。

筋肉のない太ももに負担がかかり、
とろとろ走っていましたが、
雪が降るまでに野沢へ行ければいいなと
航と話しながら戻ってきました。

家に戻ると、
仕事のおじさん、あんちゃん達はみんな戻っていて、
急いで夕食の準備をした次第です。

明日、起き上がれるでしょうか。


 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
吉田類の酒場放浪記
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE