木島平 ペンション びっくりりえたん   親バカ父ちゃん子育て日記

過去の日記はこちらhttp://rietan.chips.jp/oldhtml/kosodate.htm
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 戸田球場にて | main | クワガタ採集 2014年8月 >>

ソフトバンクvsヤクルト

涼子は自宅で宿題、
翼は野球の練習試合のため、欠席です。

宿泊のお客さんがチェックアウトされると、
ほぼ同時に、我々も車を出しました。

翼の自転車を積み、
翼と自転車を小学校でおろし、
航と女房とボクは、高速道路に乗って、
埼玉県戸田市にある、

戸田球場
ヤクルト二軍の本拠地である戸田球場を目指しました。

埼玉県と東京都の境、埼玉県側にあるこの球場ですが、
関越道から外環道を通り、戸田西インターを下りてすぐの場所に、
こんなに広くてのどかな場所があることに驚きでした。

荒川の河川敷に、広大な運動公園があり、
その公園の一角にテントを張って、バーベキューをしているグループや、
サッカー場でサッカーをしている子供達もありました。

昨年、ソフトバンク三軍の試合をナゴヤ球場で観戦しましたが、
たくさんの観客がいるのには驚きました。
今年はナゴヤ球場ほどお客はいなかったものの、
やはり多くの野球好きが、
球場の周りを囲むように熱心に観戦していました。

今年、阪神の試合を、横浜、所沢で観ましたが、
選手はアリのように小さくしか見えませんでした。

細山田君
ところが、この日はバックネット裏です。
選手がこんなに近くに見えます。
細山田君。個人的に応援しています。
日本ハムの斎藤君と大学時代にバッテリーを組んでいたお兄ちゃん。
昨年、横浜を退団し、今年からソフトバンクです。

そしてこの男。

基安1基安2
監督よりエラソーです。たるぽん撮影。
試合前に声をかけ、少々話をしました。
航はこの男が放つ独特の雰囲気に、
まともに顔を見ることができません。

ボクが奴と話をしていると、
奴の現役時代のカードを持った人達がやって来て、
カードとマジックを奴に手渡し、サインを要望しています。

これにはボクも驚いて、

「すみません。こんな男のカードを大切に持っていただいて。
 もう、ホントにありがとうございます。
 こいつのサインなんて、何の価値もありませんけど、
 ホントにありがとうございます」

となんだか、にわか球団職員にでもなった気で、
感謝を伝えました。

試合開始が近づき、
ボクが着ることになるであろうシャツと、
二軍三軍夏季専用帽子を、
航は奴からもらって、とても嬉しそうにしていました。

今年からコーチに加わった村松さんとも話ができ、
航はグローブにサインをしてもらって、にんまりです。

村松、浜名の1,2番コンビに、
指名打者、あるいはファーストで、この男が活躍していた頃のダイエーは、
負けが多いチームでしたが、
今の強いソフトバンクを作ったのは、
この男たちの努力あってこそだと、
素人のボクは勝手に思っています。

この男の親父さんが亡くなった折、
村松さんが葬儀に来てくれていたことを、
小中学同級が感謝していたと伝えました。


試合の途中に球場を抜け、
先日に続き、再び首都高速に挑戦し、
江東区門前仲町を目指しました。

ギャオスの空
予想通り、道を一度、間違いはしましたが、
大した混乱はなく、目的地に到着しました。
キングギドラかギャオスが空を割って現れそうな色合いです。

門前仲町まで首都高速を使うのに、
ボクが走る予定のルートで、
スカイツリーを眼前に見ることはありません。

門前仲町の駐車場に車を預け、
以前、勤めていた会社の先輩に電話をいれましたが、
このタイミングで、顧客にトラブル発生で、千葉までお出かけになるとのこと。
我々三人だけで食処を探すことにしました。

目指した酒場はたるぽん禁止の張り紙があり、
仕方なく地下鉄で移動することにしました。

東京メトロ
東西線を日本橋で下り、
銀座線に乗り換え、神田まで行きました。
スリッパで電車に乗るのも気恥しく思いましたが、
深く考えないようにしました。

ガード下に店を見つけ、

大越1
先日と同じように、
奥様は瓶ビール大。
たるぽんジュースで、ボクはアルコールなしビール小。サイコォ!

大越2
気分良く食事をして、
また地下鉄を乗り継ぎ、門前仲町へ戻り、

門前仲町
車に乗って、再び首都高速から外環道、関越道、上信越道と、
眠い目をこすりつつ、フラフラになって帰ってきました。

運転中、奴から電話があり、
女房が話しています。
電話嫌いが珍しく、長く話していました。

小中学同級諸君。
あの男は変わらず元気でした。
そのうち監督になることでしょう。
ソフトバンク若井、読売吉村で、是非、日本シリーズをと願っています。



クワガタ採集

 
野球 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
吉田類の酒場放浪記
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE