木島平 ペンション びっくりりえたん   親バカ父ちゃん子育て日記

過去の日記はこちらhttp://rietan.chips.jp/oldhtml/kosodate.htm
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 憧れ | main | 抜け落ち >>

遅い帰宅は

朝のラジオでは
東京は28度になるなんてやっていましたが、
ここは朝から曇り空で肌寒く感じる天候です。
この地域も良い天気の予報でしたが、
本当に晴れるのかどうか信じられないような、
空の色でした。

翼が一番に自転車で出かけて行くと、
ボクは航と涼子を車に乗せ、
航は朝の練習がある中学へ、
涼子を実習先へそれぞれ送って行きました。

家に戻って来ると、
コーヒーを嘗めながらトーストを焼き、
上越まで仕入れに出かけました。

いつの間にか、
山の緑は濃くなり、
新潟県側の田んぼには苗が植えられていました。
木島平周辺では、
まだ田んぼに水が入れられ始めたばかりなのに、
上越の田んぼの一部は、
既に田植えが終わっていました。

いつものように買い物に一時間程度かかりましたが、
買い物は終わりません。

飯山での買い物の前に、
県境長野県側、金平の湯のあった近くに、
そば屋があり、
初めてその店に立ち寄りました。

過去に緒形拳が立ち寄り、
雑誌にも掲載され、
その後、テレビにも何度も放送されている有名店です。

一時のブームは過ぎ去り、
平日の昼下がり、
山あいの静かな民家に、
客は女房とボクだけです。

川の流れる音が心地良く、
山から引っ張ってきた
黒いホースから流れ出る透明な水は、
あまりに新鮮で、
その水を使って調理された山菜やそばは素朴で、
ボクには到底マネのできない全ての技に、
ただただ恐縮するばかりでした。

90歳前の奥様に笹ずしも馳走になり、
楽しく談笑して店を出ました。
ふと空を見上げると、青空が広がり、
山の緑がさらにきれいに感じられました。
さすがでした。


今日、家に戻って来る時間が一番遅かったのが航でした。
涼子、翼、お客さんの順で、
航が一番遅く戻って来たのは、
これまでで初めてのことです。

朝の練習に、放課後の練習。
頑張ってます。


 

 

クワガタ採集

子育て日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
吉田類の酒場放浪記
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE